カンジタ男性完治セット

カンジダ膣炎の治療法

 

カンジダ膣炎の治療は、膣錠を挿入する方法、外陰部に軟膏を塗る方法がメインです。

 

治療は医師がいいと言うまで継続する必要があります。

 

症状が治まったからと、薬の使用をやめてしまうと再び症状が現れます。

 

この治療は1週間から2週間程度。

 

薬を使用しても症状が治まらないときには、治療薬を変更します。

 

治療にあたって、まずは検査をします。

 

おりものを採取して調べますが、妊娠中はカンジダ膣炎になりやすいため、出産時の感染を防ぐためにも、出産が近くなるとカンジダ膣炎の検査が実施されています。

 

カンジダ膣炎に効き目のある市販薬も発売されていますが、医師に薬を処方してもらい治療する方法がもっとも効果的です。

 

注意することは、症状に合わないかゆみどめやステロイド剤は使用しないこと。

 

かゆみがますますひどくなり、炎症が広がってしまう場合があるからです。

 

薬を使用して症状を緩和していくほか、免疫力を高める生活習慣にします。

 

体力がなく免疫力が低下しやすい人は、運動をして身体を健康にすること。

 

食事の栄養バランスが悪く、不規則な生活をしている人や、睡眠不足が続き疲れが取れない人は、しっかり睡眠をとり、体調を万全に整えることが必要です。

 

 

カンジタ膣炎ならドラッグストアへ

 

カンジタ膣炎を発症してしまった場合には主な原因はカビにあります。

 

そのため、少しでも早くこのカビを殺菌する必要があります。

 

カンジタ菌を殺菌するためには、抗真菌剤を使用する必要があります。

 

病院に行くとこの抗真菌剤を処方されることがほとんどです。

 

また、最初に病院で膣内を洗浄し、その後に処方された塗り薬を使用する、ということも多いです。

 

カンジタ膣炎の症状が軽い場合であれば軟膏の抗真菌剤だけでも症状を改善することは可能です。

 

しかし、カンジタ症の症状が悪化しているのであれば、錠剤の抗真菌剤を使用して治療行う場合もあるようです。

 

このような薬剤というのは気温的には病院で処方してもらうのが良いでしょう。

 

しかし、膣の病気であるだけに、どうしても病院に行くのが嫌だ…

 

そのような方も多いかもしれません。

 

その場合にはドラッグストアなどでもカンジタ膣炎に効果を期待することができる薬剤は販売されています。

 

このような市販の薬剤を使用するのであれば、用量や用法をしっかりと守るようにしましょう。

 

また、市販の薬剤というのは病院で処方される薬剤に比べると効果は低いものが多いですので、完治までには比較的時間がかかるということも覚えておいてくださいね。

 

カンジダの再発予防法

 

カンジダの再発予防は基本的には健康な状態を維持することが大切で、またストレスなどによって再発することもあるので、
一度カンジダになった場合にはストレスや疲労などに気をつけるようにして日常生活を送る必要があります。

 

 

また症状が出たら疲れているというサインであると考えられるので、
粘膜が白くなって痒みなどを感じ始めたら仕事を減らしたり、体調を整えるなどの対処をすることで再発予防をすることができます。

 

 

しかし感染している女性や男性とセックスやキス、オーラルセックスなどをすることでカンジダが感染することがあるので、どちらかに症状がある場合には粘膜の接触を避ける事が大切です。

 

 

薬による治療もできるのですが、症状が軽い場合には体力が回復すると自然に治癒することがあるので、あまり症状がひどくない場合には数日間様子を見てから受診をしても十分な治療を受けることができます。

 

 

妊娠中の女性の場合には3割位の確率でカンジダ菌が繁殖しているので、妊娠中の女性との粘膜の接触を避けることで再発予防をすることもできるのですが、
現実問題として夫や妻との接触を避けるというのは難しいことなので明らかな症状がない場合には避妊具などを使って予防をすることもできます。

 

 

 

自然治癒でカンジダは治せるのか?

 

性感染症のひとつでもある性器カンジダは、他の性感染症となかなか見分けを付けることができません。

 

最近では、自宅で手軽に性感染症の検査ができるようになり、なかなか病院で検査しづらいという方でも安心して検査をすることができます。

 

性感染症は、放置することで悪化してしまうため、早期に医療機関で治療を受けることをおすすめします。

 

特に男性は、症状が現れにくい為、少しでも違和感を感じたら医療機関で検査を行うといいでしょう。

 

性器カンジダも放置すると様々な症状を引き起こしてしまいます。

 

性交渉による感染の拡大や症状そのものが悪化してしまったりと多くのデメリットがあります。

 

亀頭が赤くただれて赤みが増したり痒み、痛みがでるなど苦痛を伴う症状もあるため、注意が必要です。

 

女性は、より深刻になっており、痒みが強くなったり性交渉時の痛みや排尿痛などに見舞われてしまいます。

 

性感染症は自然治癒することは難しく、油断してしまうと慢性化してしまい再発を繰り返してしまいます。

 

また、体内にいる細菌が原因で発症する病気のため、数日で改善を見込むこともできますが、やはり医療機関での検査や治療、さらには効果の高い医薬品を欠かすことはできません。

 

 

カンジタ男性完治セット