カンジタ男性完治セット

男性カンジダと免疫機能の低下

 

カンジタ菌というのは常在菌なのですが、この常在菌というのは誰でも身体に持っているものなのです。

 

通常であれば特に悪さはしないのですが、免疫機能が低下してしまっていると性器カンジダ症を発症することがあります。

 

さらに口腔カンジダ症を発症してしまうこともあります。

 

男性の場合には性器の構造上、身体の外部に性器がありますので基本的には乾燥状態になっています。

 

そのため、カンジダ菌の増殖の心配はありません。

 

 

しかし、女性の場合には性器内というのは常に湿度が高い状態になっています。

 

そのため、カンジダ菌が著しく増加しやすいのです。

 

この増加したカンジダ菌というのは、免疫力の低下などによってさらに増殖しやすくなってしまい、次第にカンジダ症を発症するほどにカンジダ菌が増えてしまうんですよ。

 

男性の場合にも、亀頭が包皮に覆われて湿度が高い状態、つまり包茎の方というのはどうしてもカンジダ菌が増殖しやすくなってしまうんです。

 

ある程度、免疫機能がしっかりと働いている状態であればカンジダ菌の増殖を抑制することはできます。

 

しかし、免疫機能が低下していると、カンジダ菌はどんどん増殖してしまい、カンジダ症を発症してしまうようになりますので注意が必要です。

 

 

風俗とカンジダ

 

風俗に通っている男性の悩みの一つが、性病だと思います。

 

特に避妊具を使わない風俗サービスはカンジダなどに感染する確率を高めるので非常に危険です。

 

安全に風俗で遊びたい人は、やはり避妊具をつけた方が安全です。

 

それはオーラルセックスのサービスがあるお店でも同様です。

 

というのも、カンジダは口腔内でも感染することが多いのです。

 

不特定多数の男の人を相手にする風俗嬢は、それだけ病気をもらいやすく、風俗嬢を仲介して、別のお客さんに病気をばら撒くことがしばしあります。

 

風俗嬢も毎月性病検査を行っている人もいますが、中にはチェックを受けていないで、病気をばら撒いている人もいます。

 

そうした風俗嬢に運悪く当たってしまった場合は、やはり男性もカンジダなどの病気に感染する可能性がありますので注意が必要です。

 

特に性病のチェックは、激安店と言われるお店ほど徹底されていなかったり、衛生面に問題が抱えているケースがあります。

 

「口だけなら大丈夫だろう」と甘く見ていると、プレイ料金をケチった結果、カンジダなどに感染して、病院での治療費の方が高くついたなんてことにもなりかねません!

 

やはり男の人は、カンジダに感染しやすい遊びをするのであればお店をしっかり選ばないと後で後悔します、

カンジダ膣炎 男性にも移る?

 

カンジダ膣炎は女性の病気ですが、カンジダ菌が増殖している状態で男性と性行為をしてしまうと男性にもカンジダが感染します。

 

カンジダ膣炎と診断されたときには、迷わずパートナーにも伝え、検査を受けてもらいましょう。

 

男性が知らない状態だと、女性がいくらカンジダ膣炎の治療をしていても、相互に感染してしまい、いつまでたっても治りません。

 

女性から男性に感染することのあるカンジダですが、男性がカンジダになることもあります。

 

男性も女性と同じようにカンジダ菌を持っていますが、男性の場合には、女性と違って性器が露出しているため、増殖することはとてもまれです。

 

 

ですが、女性と同じように、免疫力が低下しているときや長期間抗生物質を使っているとき、
ステロイド剤を使った治療を続けているとき、糖尿病の治療を続けているときなどにはカンジダ菌が増え、症状が強く現れます。

 

 

特に包茎の男性は、通気が悪く雑菌が繁殖しやすいため、カンジダ菌が増殖しやすくなります。

 

男性の場合には、カンジダ性亀頭包皮炎と呼ばれるもので、亀頭のただれやかゆみ、赤み、水泡、かすが出るといった症状が特徴的です。

 

そのまま自然治癒することもあるとされていますが、症状が強い場合には治療をしないと治すことができません。

 

性器の異常に気が付いたら、泌尿器科で検査を受けるようにしましょう。

 

 

カンジダを防ぐ!デーデルライン桿菌のメリット

 

最近おりものが多くて、ちょっと女性の医学に関するサイトを見ていました。

 

パンティライナーを使うと、カンジダになりやすいから使わない方が良いと聞いていたので、よくウォシュレットを使用していました。

 

ところが、ネットの記事を読んでいると、ウォシュレットもカンジダ予防には良くないと書いてあってびっくりでした!

 

ウォシュレットによって、デーデルライン桿菌という乳酸菌を流してしまい、膣内の酸化のバランスが崩れてしまうと書いてありました。

 

デーデルライン桿菌が膣内を酸化してくれると、細菌感染の予防ができ、カンジダの増殖防止にも効果があるんですってね。

 

だからウォシュレットでデーデルライン桿菌を流してしまうのは、良くないことだとわかりました。

 

で、このデーデルライン桿菌というのは、実は食品摂取からも、デーデルライン桿菌を増やすことができるそうです。

 

ヨーグルトとかチーズなど、植物性乳酸菌が効果があるようです。

 

これらの食品を食べていると、カンジダを予防できるので、感染者は積極的に食べた方が良いそうです。

 

食事で予防できるものは、毎日の食生活に、工夫をして取り入れてみるといいかもしれませんね。

 

ヨーグルトならば、朝食に一品加えるだけで済むので、便利だと思います。

 

 

 

カンジタ男性完治セット