カンジタ男性完治セット

体力の低下時にに起こりやすいカンジダ膣炎

 

カンジダ膣炎は、ケーキやパンなどの発酵に使用される酵母の一種であるカンジダ菌の異常増殖が原因で発症する感染症であり、
生殖器や消化器官、皮膚など人の体の至る所に生息する常在菌であるカンジダ菌が引き起こす日和見感染症でもあります。

 

 

日和見感染症であるカンジダ膣炎は、性行為による感染や接触感染などで感染するケースもありますが、
元々約20%前後の女性が膣内及び外陰部にカンジダ菌を保有しているとされ、病気などによる体調不良や疲労の蓄積、睡眠不足など体力の低下とともに免疫力が低下した時に発症します。

 

 

特に体力の低下や過度のストレスによるエストロゲンなどの女性ホルモンバランスの乱れが原因で多く発症するとされ、エストロゲンの分泌量の少ない幼少期の女児や閉経後の女性の発症率は低くなっています。

 

 

又、カンジダ膣炎は、夏の暑い時期には約2割の成人女性が発症するとされ、
生理用ナプキンやおりものシートなどによる外陰部の蒸れ、ガードルやパンティーストッキングなどの通気性の悪い下着による蒸れが原因で発症するケースもあります。

 

 

カンジダ膣炎は、陰部を清潔に保つだけでは無く、定期的なストレス発散やバランス良い食事、運動不足の解消など生活習慣の改善による体力や免疫力のアップが発症予防に非常に有効です。

 

 

カンジダと妊娠

 

カンジダは妊娠中になりやすいことで有名です。

 

そして妊娠中にカンジダになってしまうデメリットは2点あります。

 

まず一つ目は、『赤ちゃんへの産道感染』。

 

生まれてくる赤ちゃんが、産道を通って出てくるので、カンジダが赤ちゃんへ感染する可能性があり、健康面でのデメリットが出てきます。

 

そしてもう一つは、『帝王切開への金銭的な負担。

 

カンジダが出産までに完治せず、尚且つ症状もひどい場合は帝王切開になってしまう可能性が出てきます。

 

帝王切開と自然分娩では、出産費用が2倍近く変わってくることもありますので、金銭的なデメリットも非常に大きくなってきます。

 

私も妊娠中にカンジダになりましたが、症状が軽かったせいか、抗生物質の点滴で済みました。

 

抗生物質の点滴の料金も別途かかりますし、医療費が高くついてしまいます。

 

カンジダはストレスなども影響しますので、やはり妊娠中はゆったりした気持ちで、疲れた横になったり、体力を温存して過ごしましょう。

 

妊娠中は疲れやすいので、あんまり動きすぎると、余計に滅入ってしまいます。

 

特に妊娠後期は、お腹も大きくなってきますので、余計に体調が辛く思う人もいますね。

 

早く子供を産んでしまいたいと思う人もいると思います。

 

カンジダの症状

 

カンジダは、女性がかかる性感染症の中では、特に多い病気です。

 

主な症状は、膣や外陰部の痛みやかゆみ、白いかすのようなおりものがあります。

 

特に痒みは強烈で、落ち着いて仕事や勉強に集中できず、女性にとって本当に困る病気です。

 

この症状を引き起こすカンジダ菌は、女性の多くはもともと持っている菌で、誰もが感染する可能性を持っています。

 

もし感染したと思われる場合は、早めに婦人科に行き、処置をしてもらった方がいいでしょう。

 

ほっておくと、症状は治まったように見えても、菌は消えるわけではなく、そのまま膣に滞在していますので、再発しやすくなってしまいます。

 

また、発症しないためにも、どんな時に発症するのか原因を知っておくのは必要です。

 

カンジダ菌は、もともと体に持っていることが多いですから、風邪やストレスで抵抗力が弱った時や、ホルモンバランスが崩れた時などに、菌が増殖し、発症することが多いです。

 

また、歯医者や病院などでもらった抗生物質を飲んだ後にも、発症することがあります。これは、今まで身体を守ってくれていた菌まで殺してしまい、カンジダ菌が活躍できる環境ができてしまったからです。

 

これらのことを、頭において、日頃から発症を防ぐ意識を持ちましょう。

 

 

カンジダ症の簡易検査キット

 

今の時代って、何でも簡易キットで検査が可能になってきているんですね。

 

この前、DNA鑑定の話をテレビで見ていたんですが、簡単なキットを使うだけで判定するようなので、すごいな~と思ったんです。

 

他にもカンジダ症の簡易検査キットなんかもあるそうですよ!

 

カンジダ症なんて、正直病院に行くのが嫌だな・・・って思っていたので、もしも検査キットがあって、自宅から簡単に送れるのであれば、私は万が一の時に使いたいなって思いました。

 

カンジダ症の検査って、やっぱり股を開くことになると思いますし。

 

そういうのって、女性はすごく恥ずかしいと思いますし、緊張もしますよね。

 

簡易キットがあるんだったら、そっちの方がよほど良いと思います。

 

妊娠中は、妊婦検査で何度もそういう股を開く機会がありましたが、あれも子供のためでなかったら、本当にやり切れないです。

 

女性にとっては、精神的な苦痛が大きい検査ですよね。

 

今でもあの妊婦検査を思い出すと、嫌だな~と思います。

 

ただ、もしも自宅でキットを試した結果、本当に感染していたら、病院に行かないといけないので、結局は恥ずかしい思いをするんですけどね。

 

でも、まだ自分でも不確かな状態だったら、まずはキットから試したいかもしれません。

カンジタ男性完治セット